新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

■尚巴志の直筆?部下の安全を頼む手紙


琉球の統一者、尚巴志は書状も形式ばったものが多く
そこから個人を窺い知るのは難しいものがあります。


しかし、「志 布志 阿多文書 」 と呼ばれる八通の
書状に、代主という肩書で尚巴志の手紙が、
含まれているのではないか?という説があります。


その内容は以下のような感じです。


「先だっての私の拙い書状に極く懇意な
返事を頂き、大変に喜んでおります。


また重ねて案内を申し上げますが、
頂いた返信の内容をとても頼りにしております。


私共の船は普段、風を頼りにしておりますが、
万が一の時には、あなた様の御事(警護)が頼りです。
以上の、細々とした事までも、すべて
使僧が申していた事をお伝えしておきます」



原文は短いのに難解で解釈違う部分もあるかもですが
これは、当時の九州探題、渋川道鎮に宛てた
手紙であるので、倭寇がウヨウヨした海域での
琉球船の航行の安全を重ねがさね願ったもの
ではないかと思います。


ここからは、琉球から派遣した家来の無事を願う
尚巴志の繊細な優しさが伝わってきます。


度々、武力を用いて戦った為に、武断の人と
思われがちですが、本当は優しい人だったかも
知れません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。