新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

・混乱の元 第一尚氏と第二尚氏

琉球史を複雑にしているのは、 第一尚氏と第二尚氏という

数字の連続性がある 二つの王朝の存在です。 


しかし、この第一尚氏と第二尚氏の分類は、
歴史学的に根拠がある事では全くありません。 


そもそも、この二つの王朝は姓が同じなだけ、
 血統の共通性も無ければ 王朝を構成している人物も全く別、、
 赤の他人王朝なのです。 


では、どうして赤の他人王朝に、 第一、第二という

連続性がある数字が振られたのか?


 それは、第二尚氏の始祖である金丸が、

 第一尚氏の姓である「尚」を勝手に名乗ったからです。 

金丸は中国から冊封を受けて王になるに際し 自分がクーデターを起こして

以前の王朝を 滅ぼした事を中国に責められるのを恐れました。 


そこで、先代の尚徳王の息子が自分と偽り 

尚姓を継いで、シレッと王になったのです。


 尚徳王は、亨年29歳とも40歳とも言われますが、 

その時に金丸は54歳でした、 息子が父親より年上とは前代未聞です。
 
この金丸の方便で後世の歴史家は 混乱してしまいました。

戦前には、まだ琉球史の研究が進んでいないので、
研究者は金丸のクーデターは知っていても
二つの王朝には、それぞれ尚姓を名乗っている以上は
何らかの関連性があると考えてしまったのです。


こうして赤の他人同士が起した二つの尚王朝は、
第一・第二と便宜的に分けられる事になります。

 これは、豊臣家を滅ぼして天下を取った 徳川政権を

第二次豊臣政権と呼ぶ位に トンチンカンな事です。 


私のサイトでは、紛らわしさを解消する為に
 第一尚氏は、創建者の尚巴志の 故郷、南城市佐敷から取り 「佐敷王統」
 
そして、佐敷王統を滅ぼした、 金丸の王統を金丸の出身地である 
伊是名島から取り、 「伊是名王統」と呼ぶ事にします。 


こうする事で、両王朝の違いを明確にして別のカテゴリに
分ける事が歴史的には正しい視点だと思うからです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。