新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

☆李氏朝鮮と琉球の繋がり

歴史認識を巡り、ギクシャクしている韓国と日本ですが、


琉球と朝鮮には、日本とは違った繋がりがありました。


 西暦1592年、8月、秀吉が朝鮮出兵の軍を起した頃、 

朝鮮半島と中国の国境沿いにある平安道の義州で 

驚くべき風聞が出回りました。 


「秀吉軍の混乱に乗じて、琉球人が 

秀吉を暗殺したこれで戦争は終わりだ」 


実際には、これはデマであり

当の秀吉は大阪城でピンピンしていましたが、 


これは大きな風聞になったようで

当時の朝鮮の儒学者、呉希文が日記に書き残しています。 


朝鮮の民衆にとっては、両班(ヤンバン)という 

支配者層の搾取も憎悪の対象でしたが、 

同時に秀吉の侵略も迷惑以外の何物でもありません。 


(早く戦争が終わって欲しい、 誰かが、秀吉を殺してくれないか) 


こういう願望が庶民にはあり、 それが日本とは
繋がりがありつつも、朝鮮、中国の味方だと考えられた
 琉球人によって、秀吉が暗殺された というデマになって噴出したのです。

ここにも、琉球と日本を明確に分けて考え 

むしろ琉球は同胞であると考えていた
 当時の朝鮮の人々の思考が垣間見えます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。