新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

琉球は軍事大国だった

貿易により富を蓄積していた琉球は、倭寇などの略奪を警戒し
人口八万人という小国ながら、軍船を基準とした軍事組織を発展させました。
それは4000名という規模であり、人口の5%に達します。


これを、現在の日本に当てはめると、600万人という規模になります。
当時の琉球は海外遠征もしており、結構な軍事大国だったのです。





史書には、何度か、那覇港に入ってきた海賊の船を撃退したとあり
国際社会の秩序と安寧を願って生きていたのではない
現実主義の側面があった事が分かります。


ヒキの副官だった、筑殿は、やがて筑登之(ちくどん)となり
下級士族の代表的な階級になります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。