新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

自然の力を味方につけた琉球人の航海術

琉球が交易を通じて、自国を賄ったという
事は広く知られています。


しかし、どうやって、琉球人が船を動かして
縦横無尽に東アジア海域を移動していたか?
となると、説明できない人も多いでしょう。


「なんで、海に船出せば、自然に陸地に
つくんじゃないの?」


それは、間違いではありませんが、
それでは冒険航海であり商売にはなりません。


商売を成り立たせる為には、
確実に定期的に戻ってこれるという
目算が立たないと駄目なのです。

それには、二つのキーワードが必要でした。
一つは、ベルトコンベアのように海流を
繰り返す黒潮を利用する事。


もう一つは冬に吹き荒れる
季節風を利用するという事です。


琉球の船は日本に行く時には、
黒潮の流れを利用して北上し、


中国や東南アジアに行く時には、
季節風を利用して南下していました。


これらは、偉大な自然エネルギーであり、
幾ら利用しても減らないものでした。


琉球人は何万年という歳月から、
この二つの自然のエネルギーを発見

利用して、自在に海を往く事を可能にしたのです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。