新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

倭寇とバッティングした琉球その解決策

琉球がアジアの海を縦横無尽に疾駆していた頃は
同時に海のギャング兼商人、倭寇の全盛期でした。


倭寇も黒潮と季節風を使い、アジアの海を
縦横無尽に駆け回った一団でした。


実際に何度となく琉球の船は襲われ、
積み荷を奪われ、乗組員皆殺しの目にあいました。


そんな倭寇の縄張りである朝鮮海域は、
彼等の巣も同然で、琉球の船が近寄るのは
自殺行為でした。


ところが、琉球は対馬の倭寇の頭目で
朝鮮王朝ともパイプのある早田六郎次郎を使い
これに船を護衛させる事で、朝鮮までの安全を

確保しています。


まさに毒を持って毒を制す、
倭寇に苦しんだ琉球は、同時に倭寇を利用する事で
自らの目的を達成したのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。