新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

琉球が中国に500年送り続けたものとは?

琉球は、1372年から、
琉球処分までの500年


毎年、せっせと中国に
送り続けたものがありました。


それは何と硫黄です。


硫黄は沖縄本島からは採れませんが、
近くに硫黄鳥島という島があり、
そこから何百年も採掘しました。


さて、どうして硫黄が輸出品だったのか?
それは、これが
火薬の原料だったからです。


中国は、絶えず内乱か異民族の侵入に
悩まされている国であり、

特に騎馬民族である
遊牧民の撃退には、
大砲が必要不可欠でした。


ところが広い中国ですが、
硝石は採れても、硫黄は採れません。


一方の日本は硫黄は採れても
硝石が採れませんでした。

このような事から中国王朝は、
日本や琉球から硫黄をせっせと買い
これで大砲を稼働させていたのです。

ある意味、琉球は
中国、明・清王朝の
軍事力の一翼を担っていたと
言えるかも知れませんね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。