新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

琉球は中国に操られていたか?

琉球の歴史というと、下の絵のように、
琉球は中国に操られていたんだ!
と語る人に出くわします。

しかし、それは全くの出鱈目です。


例えば、それらの人達は、
「蔡温や謝名親方は三司官で
中国系ではないか?」

と言いますが、

琉球の最高行政職である三司官は、
400年で100名程出ました。


その中で中国系の三司官は、
たった、二人しか出ていません。
それが蔡温と謝名親方です。


しかも、蔡温の父は首里の人で
蔡家には養子で入っていて蔡温は
純粋な中国系ではありません。


おまけに謝名と蔡温の間は、
130年程も時間が空いています。
この間は、どうやって中国は
琉球を操縦したのでしょうか?


また、久米村の人々は、
久米村に籍を置く限りは、
三司官になれない決まりになっていました。

これは、首里の人間を差し置いて
中国系が国政に影響を与えるのを防ぐ為です。


そして、このように久米村の影響力を
制限しようと考える王府に対して、
海の向こうの清も明も
文句をつけた事は
一度もありませんでした。

琉球の政治というのは、琉球人が
主体となって行っていたのであって
中国のコントロールの中にあった
と言う事はありません。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。