新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

アジアの大物と交流を持った沖縄の国士

沖縄の偉人というと、
全てが反戦平和思想
というのは正しくありません。


それは平和が嫌いという意味ではありませんが
大義の為に己の命を
平然と投げうつ
国士もいたのです。


その男は、1872年に南風原間切に産まれ


中国革命の父、孫文に献身的に協力し

中国国民党の総統、蒋介石をかつて部下に持ち


日本の大アジア主義者、
頭山満とも繋がりがありました。

沖縄人ですら、殆どがその名前を知らない
その人の名前は
新垣弓太郎(あらかきゆみたろう)と言います。

以後は、新垣弓太郎の右左の概念を
超越した国士としての生き方を紹介します。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。