新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

弓太郎、県知事を殺害しようとして謝花昇に止められる

明治31年、台湾で警察官として
先住民討伐に参加し
負傷した新垣弓太郎は


一度沖縄に帰り、再び上京して
東京で下宿屋を開きます。


そこにやってきたのが沖縄で、
奈良原県知事と対立していた
沖縄県人の謝花昇(1865~1908)です。

謝花は沖縄の自由民権運動の提唱者で
沖縄県民にも参政権を与えよという
運動していました。


二人は沖縄出身という事で
意気投合ここで弓太郎は
初めて自由民権運動
というものを知ります。

謝花は、奈良原がいかに沖縄県民を
虐げ食い物にしているかを
弓太郎に力説しました。

しかし正義感が強い弓太郎は、
奈良原の横暴を聴いて義憤を持ち


「俺が奈良原を殺す」
と宣言します。

ですが、そんな事をされては、
折角の民主的な運動がパアになると
恐れた謝花は必死で弓太郎を説得・・


何とか思いとどまらせる事に
成功しました。


が、、謝花の運動は奈良原知事の妨害にあい
上手くいかず、謝花も心労から発狂し
沖縄で明治41年、
43歳の若さで死にます。


それを聞いた弓太郎は説得に応じた事を後悔し


「やはり、奈良原は
俺が殺すべきであった」
と晩年まで言い続けていたそうです。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。