新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

首里城に漂うバラの香り

歴代宝案という琉球の外交文書に、シャム(タイ)からの贈り物リストがあります。
そこには、薔薇露水5缶という表記がありました。


これは薔薇の香水の事です、15世紀のアフガニスタンの
ヘラートという都市では薔薇の香水が特産品として、ふんだんに造られており、
そこから、中近東のカイロやアデンに輸出され、さらに東南アジアに輸出されて、
シャムにも香水が入ってきていたのです。


これは礼物として贈られたものなので、恐らくは、
琉球の王族や貴族の間では使用されていたのかも知れません。
東洋の王朝というと、線香の香りのイメージしかありませんが、
実は、首里城は薔薇の香りで満ちていたのかも知れません。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。