新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

駱駝を輸入しようとした琉球

歴代法案は、琉球と中国、周辺のアジアとの外交文書を
編纂した今でいう外務省の公文書です。


その中には、清の時代に琉球が
駱駝の輸入を許して欲しい
と書いたものが残っていました。


牛や馬ではなく駱駝です、
一体どうして駱駝など欲しがったのでしょう?


これは推測ですが、琉球人は北京に上った時、
駱駝の隊商を見たのかも知れません。


琉球人「これは何と言う生き物か?」


隊商「駱駝だよ、旦那」


琉球人「デカイから、さぞかし飯を喰うだろうな?」


隊商「そんな事ないよ、、図体の割には燃費いい」


琉球人「マジッすか!!欲しい」


恐らく、このようなやり取りで
低燃費の家畜として駱駝を活用したかった
のではないかと思います。


しかし、清朝は駱駝の輸出を許可せず、
この試みは失敗に終わりました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。