新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

進貢船が中国に到着するまでの期間

琉球から出た船が中国の福州に入るまでには
どの程度の期間が掛かったのでしょうか?


それは、最短で4日間と言われています。
意外に速いですよね?


ただ、これは順調に行った場合で、
長期になると30日という事もありました。
これは航海しているというより
久米島で良い風を待っていたからです。



どうして久米島で風を待つのか?
これには、久米島が福州までの最短距離である
という大きな理由がありました。


そして風を待つ最大の理由は
久米島の沖合を流れる黒潮の力を
突きぬける意味合いもあります。


充分な風が得られないと、
途中で黒潮に捕まり、
大和の方向に流され、
遭難してしまうからです。


実際にこうして、黒潮に流され、
四国や宮城県の沖合で
救助された琉球人も沢山いますし、


さらに太平洋まで流され
亡くなった人々もいたのです。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。