新しい沖縄歴史教科書を造る会

日本史の一部、地方史としての沖縄を脱却して
主体的に故郷の歴史を見て見ようというブログ

☆琉球の使節 北京で中国人と大喧嘩

後には守礼の国と称えられ、大人しい温厚な人々になった 

琉球の人も、15世紀は戦乱の真っ最中で、 
凶暴で勇敢な人々と周辺国に恐れられていた時期があります。 


西暦1448年1月、正月の挨拶を述べる為に、 北京に上った使者謝花ですが、

彼の従者は荒くれ者が多かったのか 四川長河の西の番人達と

会同館(外国人用ゲストハウス)の門外で 大喧嘩をします。 

この喧嘩は、重傷者や死者が出る大騒ぎになり、 

役人は英宗帝に上奏、皇帝の命令で首謀者は逮捕され、 

禁裏を騒がせたとして処刑されました。 


通常は、このようなトラブルが起きると朝貢は 禁止になるのですが、
この時は大きな外交問題には なっていません。

 という事は、琉球ばかりではなく、中国人側にも 

過失があったという事になったのでしょうか、、


 ※参考文献 首里城王統紀 比嘉朝進 著

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。